梵平 ミックスカレーにMBDFをトッピングしたら気分はエクスタシー

2019/02/02

梵平の名物ミックスカレー+エクスタシーMBDFを取り上げています。大阪スパイスカレーで人気といえばあいがけカレー。その中でも一押しの梵平さんを探ってみました。謎のMBDFとは ?

梵平ミックスカレー+エクスタシーMBDFとは

梵平のミックスカレー
左がオリジナルのキーマカレー、右が日替わりカレー それと口直しの野菜の酢漬にパクチー

エクスタシーMBDFの回答の前に梵平オリジナルのキーマカレーを含んだミックスカレーを説明します。

まずはミックスカレー。基本のスパイシーキーマカレーにその日の日替わりカレーとのあいがけです。ここのキーマーは牛と豚の合挽きミンチで作られていて肉其々しくてスパイシー。今まで色々と食べてきたキーマの中では一押しの味です。

それに日替わりカレーとのミックスなのですが、硬めのキーマに合わせるようにシャバシャバのカレーとのセットがまた嬉しい点です。

写真でわかるようにパクチーもタップリ、それにさっぱりした野菜のピクルスのようなトッピングも盛られてます。口直しにはピッタリです。

梵平ミックスカレーMBDF
これがミックスカレー+MBDF

店主の奥山さんのこだわりですね!

この日の日替わりはビーフカレー

梵平の日替わりのビーフカレー
日替わりのあいがけ用ビーフカレー

さて、エクスタシーMBDFの意味なんですが、これは推測ですがエクスタシーの意味の通り「快感」。食べた後の感じなのでしょうか。一度、奥山さんに聞いてみたいです。

エクスタシー快感が最高潮に達して無我夢中の状態のこと

MBDF? 「マーボドーフ」? 「M=マ」「B=ボ」「D=ド」「F=フ」麻婆豆腐のことなのです。あいがけカレーに麻婆豆腐のトッピングです。これが絶品なのです。

記事ではこの美味しさはお伝えしにくいのが申し訳ない点です。とにかくキーマとのミックスは花山椒の香りとしびれ感が病みつきになる味です。

皿に盛られた麻婆豆腐
これがMBDFすなわち麻婆豆腐です。

梵平のスパイスカレーメニュー

メニューはシンプルでスパイシーキーマと梵平ミックスカレーのみです。このシンプルさがまた良しです。

梵平ミックスカレー 900円
大盛り 100円
エクスタシーMBDF 200円
追加パクチー 100円

梵平とは

梵平の店内
庶民的なお店です。夜は居酒屋に

もともと南森町「糸やゲストハウス」をお昼のみ間借りして営業をしていた『間借りカレー』がルーツになります。

2015年4月に中津にオープンしました。オープン前はインドにスパイスを極めるために行っていたとか。

オーナーの奥山浩平さんは通称トニーさん。ロゴや広告物の制作などのデザインワークもやっておられます。

梵平の店内
見えているのが店主奥山さん

とても温厚で気さくな方です。Twitterに写真がありますので覚えておいてください。お店におられますので。

また、現在は同じ場所で「下町酒場ウメキチ」や「ダイヤモンドビリヤニ」も経営されています。

下町酒場ウメキチ用のお酒
夜はこれらを飲めます。

梵平の行き方

阪急中津駅から歩いて3分ほど、大阪メトロ中津駅から5分ほどの所にあります。中津は『月と太陽』や『SOMA』といったスパイスカレーのプチ激戦区です。

梅田に来られたら近いですので大阪スパイスカレー巡りをお楽しみください。

梵平の営業時間

営業時間は短く午前11時から14時(ラストオーダー)までです。お昼は混雑するので開店直後が狙い目です。

梵平のまとめ

ご飯の種類 白米
辛さ キーマ★★★☆☆ 日替わり★★☆☆☆
とろみ キーマ★★★★☆ 日替わり★☆☆☆☆
SNSの有無 Twitter有り

日替わりとのミックスカレーのみのメニューですが抜群の味です。オリジナルのキーマーは固めで肉々しくこれは一度食べる価値は有ります。そこへエクスタシーMBDFをトッピングするのが梵平でのイチオシの楽しみ方です。

それと大盛りはすごいボリュームですので気をつけてください。キーマに卵をトッピングもおすすめです。

店主の奥山さんは気さくで親しみやすい方で僕が2回目に行った時、『大盛りですね!』と前回のことを覚えていてくれました。ちょっと驚きでした。お昼に混んでいる中でよく覚えていてくれました。

味良し、店主の人柄良しのお店です。