チョコスイーツのオペラ、その発祥はダロワイヨ

2017/11/20

DALLOYAU  オペラ 食感へのこだわりスイーツ

 

何の事か解らないタイトルですいません。例によってスイーツです。

女王が心斎橋にかわいくおしゃれなスイーツの店が有ると教えてくれて、名前を聞くとダロワイヨと。この響きはフランス語。

ナポレオン気違いの僕はまずNetで検索。

やはりシャルル•ダロワイヨがルイ14世に仕えていた頃にさかのぼり、なんと1682年です。

創業は1802年。ナポレオン帝政の時代、きっと贅沢なジョセフィーヌも食べたんでしょうね?歴史の話はさておいて、

昨夜、女王がおみやげに買ってきてくれたのが写真のオペラ。

 

パリのオペラ座をイメージしたオペラ。

 

何と上品なたたずまいでしょうか。女王からお土産としか聞いて無かったので中身はまるで解りません。

開けてみると、なんとかわいいケーキ、いやこの大きさはアントルメ(食後のデザート)か?フランス語は難しい、

お菓子はガトーだし、僕に取ってはすべてスイーツ、これが簡単で解りやすい。

 

大きさは3センチの8センチぐらい。

 

食べてみるとコーヒー風味のバタークリーム、ガナッシュ(生クリームとチョコレートを会わせたもの)、チョコレート、

グラサージュ(艶を出したり、糖衣をかける事)7層からなる重厚な味わい。

 

1個だけかいな!足りひん!

 

さすが1955年からフランス市民に愛されてきたお菓子。大感動!

でも女王は1個しかくれへん。3個は食べたい。

今日帰ったら食後にまた1個食べます。皆様も心斎橋に行ったら是非買ってください。

余談ですがここは何と僕の大好物のマカロンも季節によっていろいろ有ります。

基本味6種類、ただいま季節限定はユズ、オランジュポティロン(オレンジ風味のカボチャのクリーム)、

キャラメルブールサレ(キャラメル味のクリーム)、の3種類です。

いつも取り寄せる青山のピエールエルメとどちらがおいしいか、楽しみです。

ダロワイヨはこちら