ユニットバスの壁を茶色に塗ったコーティングがやっと完成です。

ファミリータイプの賃貸住宅のお風呂コーティング お風呂リフォーム
この記事は約2分で読めます。

昨日社内検査も合格したユニットバスのコーティングです。前回から書いている通り奥のパネルを焦げ茶色でコーティングしました。2色使いで高級感有りです。壁に浴室用のパネルを貼る方法もあるのですが、少しでもローコストを実現するために塗装してみました。

ファミリータイプのお部屋のユニットバスのリフォーム

これがオーナー様に気に入って頂ければ今後この住之江区のマンションのお風呂はこのやり方でいけるのですが、K常務が気に入ってくれるかどうかです。昨日もリフォーム担当のTさんが見に来られて全てのお風呂をこういう風に施工したいのだがとおっしゃってました。いろいろ予算の都合も有るようです。

完成はこちら。

奥壁がアクセントです

奥の壁がアクセント。

塗装前の写真です

施工前の写真です。見比べてください。

ユニットバスの正面アクセント壁

正面アクセント壁

正面左の壁です。

正面左の壁です。

白い壁の部分も茶色とのコントラストがいい感じです。鏡も大きくしました。鏡はお風呂に取って重要なアクセントです。

床もこの通り。

傷んだユニットバスの床も清潔感ある床に変身です

清潔感ある床に変身です。

ユニットバスの塗装後の正面右壁です。

正面右壁です。

塗装後のユニットバスサビの部分も補修済み。

塗装前のユニットバスの壁のサビ

塗装の浮きは中が錆びている証拠。

最後に浴槽を。

塗装後の浴槽

この通り浴槽もリフレッシュ。

月末には民間の分譲マンションンの壁のサビの廉価版の補修を掲載予定です。今週は賃貸マンションのユニットの床だけのコーティングを紹介します。

コメント

  1. hiro より:

    落ち着いた感じに仕上がっています。
    綺麗になるとバスタイムも幸せです。

  2. 吉村良二 より:

    @hiro
    今回は自信の作品です。色合いも仕上がりも抜群でした。
    いつもありがとうございます。
    辛口な意見もお願いします。

タイトルとURLをコピーしました