お風呂リフォームもアクセント壁でおしゃれに

2012/12/17

痛んだお風呂(ユニットバス)も大丈夫

カラーリングしたお風呂リフォーム
お風呂リフォーム後の写真から

賃貸マンションのお風呂と言えばユニットバスが多いですね。でも15年位経つと浴槽や壁が傷んできます。まず浴槽ですがくすみやがんこな湯垢が見られます。退去された後、見た目が悪いですよね。お風呂リフォームはユニットバスを入れ替えるしか方法は無いと皆さんお思いですが、そうではないのですよ。

コーティングと言う方法が有るのです。

浴槽のくすみや劣化で浴槽を交換する場合も有ると思います。でもそれとて中々うまくサイズが合わずに入れ替えれない場合も有ります。

また浴槽と床が一体になっている物も有ります。その場合こそ浴室コーティングの出番です。

劣化したお風呂
くすみだらけのお風呂です。

この写真だけでは解りませんが壁も相当劣化していてサビが塩ビの表面を押し上げています。浴槽はもちろんくすみや湯垢だらけです。

くすみだらけの浴槽
浴槽もくすみが目立ちます。

発見されにくいユニットバスの浴槽裏のサビ

もっと驚くのは浴槽を動かしてみると

浴槽を移動後のお風呂のサビだらけの壁
壁の赤丸の部分がサビです。

この状態でサビを奇麗に落とすと浴室壁は穴が空いてしまいます。(かなり重症です。放置するとユニット毎交換です。軽度の場合は表面の浮きだけです。)

サビ処理をしたお風呂の壁
サビを落とした後にサビ止め剤を塗っています。

この後は幅木の要領でFRPの板をあてて水を止めてその上からコーティングーします。(これで大丈夫です。)

風呂リフォームするなら入居率アップを狙って

ここ迄はユニットバスの初歩的な補修なんですが、ここの様な賃貸マンションの場合は入居率のアップを狙って奥の壁をカラーリングしてアクセントにしています。

コーティング後のお風呂
全体をコーティングして奥の壁はアクセントにしています。

元々、ユニットバスの壁の腰上の部分はあまり痛まない物なんです。

施工前の写真です。

施工前のユニットバスの壁
壁も天井もあまり痛んでいません。

全体がこのような状態のユニットバスなら問題は無いのですが、水は下からやって来ます。

必ず床と壁の取り合いからサビは来ます。下の方にぶつぶつが見えたら中にサビが出ています。

ぶつぶつが見えた段階がユニットバスのお風呂リフォームのやり時です。(この段階なら初期なので費用も安くなります。)

部分的にリフォームが必要な時に入居率のアップを考えコーティングするのも一つの選択肢です。

この例の様に2色を使って他との差別化を測るのも良いアイデアです。

リフォーム後のお風呂
コーティングでリフォーム完了です。

施工前は

リフォーム前のお風呂
リフォーム前

見た目も雰囲気も変わりましたでしょ。

リフォーム後の浴槽
浴槽もこの通りピカピカに

赤丸の部分が先ほど説明したサビがひどかった部分です。全体が見えませんが幅木の要領で補修しています。

コーティング後のお風呂の壁
壁もより一層コーティングで艶が出ています

お風呂リフォームでコーティングは補修も兼ねて施工出来ます。

もちろん壁や天井が奇麗な場合は浴槽や床のみの部分リフォームも可能です。

低コストで仕上がりの良い方法をお探しならリプロの浴室コーティングをお試し下さい。(入居率もアップしています。実績済みです!)

浴室のことならご相談下さい

ユニットバスから在来浴室まで浴室に特化したリフォームを提供しております。ご興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。

オフィシャルページ