ひどく汚れ、傷んだ小さなハーフユニットバスのリフォーム方法でのベストアンサー

ハーフユニットバスのコーティング お風呂リフォーム
この記事は約4分で読めます。

汚れて傷んだ小さなハーフユニットバスのお風呂は老朽化すると厄介です。ほぼ交換ができないということです。

浴槽や床のFRPが経年劣化によりひどく傷んでいたり、大きな亀裂ができていたりすると手の打ちようがないのが現状です。

ご心配無用です。ハーフユニットは修理可能なのです。リフォームの方法を紹介します。

ハーフユニットバスのリフォームはなぜ難しいのか

  1. 狭小なので交換できるユニットバスが無い
  2. 壁や天井は在来工法
  3. バスタブ交換ができない

ハーフユニットバスは大きさはいろいろあるのですが、ここで問題にしているのは25年から40年前くらいにワンルームや小さなお部屋のアパートに設置されたユニットバスを指します。

大きさ的には幅が60~70㎝ほどで長さが120㎝くらいのユニットです。ハーフと言われているのは通常ユニットバスですと浴槽・床・壁・天井となりますが、ハーフは浴槽・床のみです。

問題となるのはその大きさで昔作られたこのタイプは幅が狭いので今のユニットバスでは小さくて入らないのです。入るように浴室ごと壊して新たに作れば可能です。ところがそうはうまくはいかない事情があります。

多くはアパートに設置されていますが、その大多数が部屋全体でも狭小でそのスペースも取れないのです。

ユニットバスを交換することができないのなら部分的なリフォームはどうなのかという問題です。

2番目のリストになりますが、壁はユニットではないのでタイルかモルタル壁です。長年の経験から経年劣化するとタイルの欠損やひび割れも多く、同じタイルがなく、全面張替えとなるか、意匠的に変ですが予算の都合で違うものを使っているのを見かけます。

それと、腰回りのタイルの部分の上のモルタル仕上げの部分に大半の方が頭を痛めています。

なぜかというと浴室なので塗料のノリが悪くはがれています。我々が床っている浴室専用塗料でも石のようなものはダメなので難しいところではあります。

3番目のバスタブの交換は床の防水パンと一体になっているので不可能です。このタイプの劣化が激しくリフォームをしたいのは浴槽なのですが。

難しい点ばかり書いてきましたが、一番良い方法を解説します。

ハーフユニットバスの浴室再生塗装(コーティング)がベストアンサー

このタイプは古いアパートやマンションで今でも現役で使われています。 今回は劣化の激しいハーフユニットバスの浴槽のコーティング例です。まずは施工前からです。

リフォーム前のハーフユニットのお風呂

かなりの傷みかたです。

経年劣化の激しいハーフユニットのお風呂

浴槽の底の拡大写真です。もうボロボロです。

ハーフユニットバスのリフォーム価格

このハーフユニットバスは浴槽を入れ替えるのも腰壁下と床と浴槽が一緒になっているので撤去等、施工費がお客様にかなりの負担になります。

コーティングなら8〜10万円程度で済みます。 多分、入れ替えの費用と比べたら1/3以下のコストです。 仕上がりはこんな感じです。

コーティング施工後のハーフユニットバス

良い感じにリフレッシュできました。

完成後の浴槽

浴槽の底もこんな感じです。

ハーフユニットバスの浴室もリフォームのやり方で安上がり

結局安くうまくリフォームをしようと思えば知識を持つことです。また、業者の言いなりにならないことです。この記事を書いている私も浴室専用業者です。もっともっと調べてみてください。

ただし、ポータルサイトの記事は信用できないものが多いです。各論ではそこそこ合っているものの、結論で我々専門職と180度違う結論も見受けられます。やっぱりただのライターがいろいろな記事を参考ににして書いているだけです。残念ですが。

本論に戻りますが、古い小さなハーフユニットもバスタブを浴室再生塗装でよみがえらせばまだ、10年は使えます。樹脂ライニングで強度を持たせることも可能ですので安心してください。

築40年のお部屋のお風呂が甦ったでしょう。 肌触りが写真でお分かりいただけないのが残念です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました