風呂リフォームをDIYで出来るのか?

2017/11/18

コストを抑えて自分でやってみたい浴室塗装


最近は内装のペンキからクロスの貼り替え迄DIY(Do It Yourself) で自分でやられる方が増えています。風呂リフォームはどうなんでしょうか?コーティング専門業者としてお答えします。

Yahoo知恵袋から

Yahoo知恵袋風呂リフォーム質問
風呂リフォームの質問

回答は

Yahoo知恵袋 風呂リフォーム回答
風呂リフォームの回答

多分、このベストアンサーは素人の方の回答ですね。エマルジョンでは無くアクリルウレタン樹脂です。多分、この質問者の方もこれだけを鵜呑みはしないと思います。リンク先に業者も紹介されていますので少し触れてみましょう。

風呂リフォームのDIYについての検証

ユニットバスの場合材料がFRPなので塗料は船舶や板金に使うアクリルウレタン樹脂塗料が最適です。これは2液を混ぜて化学反応によって硬化していきます。硬度があってウレタン樹脂なので弾性があります。この性質がないと浴槽など人間の体重でたわむ場所に向きません。ひび割れしてしまいます。

もう一点は専門塗料なので一般の方が手に入りにくいです。塗料メーカーも専門業者の熟練した塗装でないと後々、剥がれたりした場合に塗料が悪いとされたくないので売らないでしょう。

肌が触れる浴槽等に使用する場合に有害物質が含まれていないかどうか、またはフォースターを取得しているかどうかも問題になります

次に塗装手順として刷毛塗りではざらつきます。刷毛目も気になります(不向きです)低圧のミストの少ないコンプレッサーが必要になります。(高額です。20万円以上します。)

仕上げにバフがけが必要です。(さらに研磨してツルツルにしないと肌触りが悪いですのでポリッシャーが必要です。)

塗装前の下地処理として脱脂材と粗めをつける為にスコッチやペーパーが大量に入ります。

本塗料の食い付きを良くする為にプライマー(当社は使いませんが)が必要です。

こうして見るとたとえ刷毛で塗るとしても塗料代やポリッシャー、それに最低限の備品でも6万円程必要です。

お風呂を1つぐらい塗装(コーティング)するだけなら高価です。

以上の点からもDIYは最善の方法にはなり得ません。

間違ってもホームセンターに売っている水性アクリルはやめて下さい。すぐにひび割れがしますから。

実際の例を挙げてみます。

ここで今週に名古屋のユニットバスの浴槽のコーティングですが息子さんがDIYで浴槽の塗装をした物です。

DIYで失敗した浴槽の塗装
浴槽の塗装が剥がれ前よりも悪くなったそうです。

1年半程前に知人の勧めで2液性の塗料を買って施工した物ですが以前よりも状態が悪くなってしまいました。

たまたまこの方の親戚が当社の得意先で名古屋迄行って再塗装をして欲しいと依頼があり4日間行って来ました。

旧の塗装(刷毛塗りで塗膜が5mm程)を落とすのに丸1日半かかり浴槽コーティングとキャビネットを仕上げるのに2日の計4日です。

もちろん仕事は人工ですのでかかった日数分が代金に含まれます。

浴槽だけでしたら7万円もかかりませんが余分に4万円に出張費用と交通費で僕としては不本意ながら高額になってしまいました。

コーティングで新品同様になった浴槽
仕上がりはいつも通りツルツルピカピカです。

この例でお分かりの様にお部屋ならDIYでもやれる部分は有りますが、お風呂はやめた方が良さそうです。

専門業者に任せた方が安心です。(専門業者の良し悪しについてはこのブログのバックナンバーに有ります。検索してみて下さい。)

私の知り合いのコーティング業者さんもYahoo知恵袋に回答を載せていました。大変良い回答になっています。下記参考迄に

お風呂塗装のベストアンサー

残りの仕事ぶりの宣伝です。

キャビネットもコーティングでリフレッシュしました。

劣化したユニットバスのキャビネット
経年劣化でかなりの汚れが有りました。
お風呂コーティングでリフレッシュしたキャビネット
この通りキャビネットも新品同様に

サービスで出窓の建具周りも

汚れているお風呂の窓の建具周り
建具周辺も汚れが目立っていました。
再塗装したお風呂の建具周り
奇麗になっているでしょ