今週の阪神タイガース(4/16〜4/21)

2013/04/22

巨人戦の大差の勝ちで弾みをつけたタイガース

巨人戦に連敗した阪神タイガースでしたが3戦目で東京ドームでマートン選手の活躍で巨人に初黒星をつけ勢いに乗りそうな感じがずばり的中の1週間でした。

マートン選手のホームラン

この東京ドームの3連戦の連敗の後が大きなポイントでした。もし負ければ、前回の甲子園の完封劇も水の泡。今年も巨人には阪神は通用しないのか、と思ってしまう試合で初回に鳥谷、福留の適時打で先制。3回にはマートンの2ラン、5回にはマートンが適時打、日高もホームランと一方的な大勝。

4月18日の巨人戦での鳥谷選手のタイムリー

巨人のドームでの連勝を10で止める大金星でした。先発の榎田も8回まで1失点と力投し、巨人を粉砕。新しい巨人キラーの登場です。

ここで弾みを付けてのヤクルト線。ここが大事なところでした。結果は同一カード3連勝。なんと久しぶりでしょうか。4連勝のおまけつきです。

虎キチには何とも言えない週末でしたね!振り返ってみましょう。

今週の阪神タイガースの戦いぶり

阪神タイガース2013年4月16日

4月16日のスコアー

 

先制したまでは良かったのですが能見投手が阿部選手に一発をあび逆転負けの試合でした。

能見投手は阿部選手に対して直球2球続けたあとのクイックで再び投げた直球が甘いところに行き、痛打を浴びて手痛い3ランになってしまいました。

逆に巨人の宮国投手は序盤の失点からこれを機会に持ち直したのは立派な限りでした。一発の怖さを知った試合でした。

 

阪神タイガース2013年4月17日

4月17日の阪神対巨人戦のスコア

 

この日はスタンリッジの乱調で巨人の得意の空中戦で4ホーマーを打たれて阪神タイガース撃沈です。

 

阪神タイガース2013年4月18日

4月18日阪神対巨人戦スコア

 

昨夜の敗戦が嘘のような戦いぶりで阪神が大勝。

先に書いたようにマートンの一人舞台であったが、ここは先発転向の榎田投手につきる。それと好リードの日高捕手も影のヒーローだろう。

4月18日巨人戦での日高選手のホームラン

この1勝で阪神ナインも今年は何かが違うと感じ始めたのでは無いだろうか。それが明日の試合で確信になった様な気がします。

さてヤクルトとの3連戦は?

 

阪神タイガース2013年4月19日

4月19日の阪神対ヤクルトのスコア

 

これほど劇的な試合が有っただろうか?

メッセンジャーの突然の乱調で6回に3点を奪われ、負けムードの7回裏、大和が先頭でヒットで出塁、鳥谷がファーストフライでランナーも進めず嫌なムードの中で、マートンがさすがのスリーベースヒット。今年のマートンはやはり本物です。

その後の福留選手の値千金の同点ホームラン。続いて新井兄もヒットでロマンが降板。変わった江村投手が暴投でランナーは2塁。一気に逆転かと思ったが坂選手が三振。日高選手が死球で歳内投手に代わり代打は関本選手。がセンターフライ。関本選手も今年はここまで1安打と調子が上がってきません。

その後、8回、9回、11回と得点圏にランナーを進めるも無得点。こういう展開は一番嫌なところ。リリーフ陣は危なげなく押さえている。

いよいよ12回裏の最後の攻撃。引き分けでも良いのですが、今の阪神に欲しいのは勝ち。

ヤクルトもチリ紙王子の七條。代打浅井選手が倒れて1番の西岡選手に。西岡選手は頼りになりすぎです。ライト前へヒットでさよならのお膳立て。大和もヒットで続きます。大和選手はたくましくなりましたね。いい仕事をしています。鳥谷選手がセカンドへのフライで2アウト。

次は俊介選手なので諦めかけていましたが、レフトへのヒットで2アウト満塁。

何かやってくれそうな福留選手です。野球の神様が降臨したように1−2からレフトのポール直撃のサヨナラ満塁ホームラン。

4月19日のヤクルト戦での福留選手の満塁ホームラン

この1勝はただの1勝ではないような気がします。必ず大きな連勝の波に阪神タイガースは載る様な予感がしました。

もし、今年阪神が3位以内の成績を収められたらこの試合が一つの転機だったと思います。

結局、西岡選手と福留選手の活躍が(勿論、マートン選手もですが)4月の勝ちの原因ですよね!

 

阪神タイガース2013年4月20日

4月20日阪神対ヤクルトのスコア

 

この日も大和のヒットから鳥谷選手の適時2塁打で先制。良い流れになってきている。だが、この日は小嶋投手の復活でしょう。

7回を1安打に抑え、与四球は4つ。小嶋投手は良い物がありながら四球でいつも自滅のタイプ。制球も良くすばらしい投球でした。

4月20日のヤクルト戦の小嶋投手

リリーフ陣もその後、抑え、終わってみればヤクルトを2安打完封です。

これで3連勝!

明日は、待望の藤浪投手。いやが上にも盛り上がります。

 

阪神タイガース2013年4月21日

4月21日阪神対ヤクルトのスコア

 

前回よりも藤浪投手はリラックスして投げていました。無理にコーナーを狙って三振を取らずに、打たせて取る省エネ投法に徹していたように見えました。この子は本当に高卒ルーキーなのか?末恐ろしい選手です。

4月21日ヤクルト戦の藤浪投手

辛抱の回が有って5回に待望の新井兄のホームラン。ここ2試合前ぐらいからスイングが明らかに良くなってきています。

その通りにその後もタイムリーの連続で、懸念された6番7番も新井兄弟で怖い打線になりそうな予感がします。

4月21日ヤクルト戦のヒーロー新井兄と藤浪投手

ここ最近は頼りない新井兄選手ですが、阪神タイガースには絶対に彼の復調無しでは戦えません。その意味でも今後の彼の調子は目が離せません。

W新井で旋風を起こしてほしいですね!期待度大ですので。

4月21日セリーグ順位表

 

虎キチのリプロ社長のずばり一言

今日、コンラッド選手が1軍登録抹消で2軍行きですが、彼は絶対必要な選手なので再調整が必要です。

かなり、日本の投手に弱点をつかれ、全てに狂い出しています。

打てず、守れずコンラッドとか書かれて可哀想ですが、今の成績では仕方の無いところでしょう。

2軍で自信を取り戻して帰ってきて欲しいですね。

3球三振のコンラッド選手

 

話は戻りますが、この日も先制、中押し、だめ押しと理想通りの展開で藤浪投手も2勝目。今後が楽しみです。

去年無かった4連勝。

でも、まだ喜んでばかりはいられません。代打陣が檜山選手をはじめ関本選手も調子が上がってきません。代打なので打席機会が少なく仕方がないところなんですが。

しいて、言うならば若手の元気のいいのをベンチに1人くらいは入れておくべきかと思いますが。

代打の最初に檜山や関本ではなく若手を使いましょう、和田監督。(打てば皆が乗ってきますよ!)

これから9連戦で4月の山場ですが悪くても4勝5敗では行けそうな感じで、上手くいけば6勝3敗で帰ってくるでしょう。

今の阪神タイガースは日替わりでヒーロが出ています。こういうときは強いですよ!

明日、名古屋球場での初戦を勝ちたいですね。勢いに乗って怒濤の9連勝なんていうのも明日次第です。