賃貸マンションで低コストの浴室のリフォーム方法(浴室コーティング)

2018/05/08

築25年以上の大阪の深江橋の賃貸マンションの浴室コーティングの施工例です。さすがにこの年数になると床のパンの部分や浴槽にかなり傷みが見られます。と言って入れ替えるのはコストがかかりすぎるとお考えのマンションオーナー様に朗報です。浴室コーティングはコストは入れ替えの1∕3以下で10年以上の耐久性があります。

浴室コーティングは経済的なユニットバスリフォーム

ホテルの業界では30年以上の歴史を持つ浴室コーティングも一般にはほとんど知名度はありません。どんな仕上がりかはまずはビフォーアフターで写真からご覧ください。

ユニットバスの床の劣化

経年劣化でカサカサで黒い汚れが目につきます。入居者も敬遠します。しかし、リプロの浴室コーティングならこの通り!

劣化して汚れたユニットバスの床
かなり黒い部分が目につきます。
浴室塗装で仕上げたユニットバスの床
もうこびりついた汚れは有りません。

入居者の方もカサカサのお風呂は嫌な物です。水回りをリフォームするとコストがかかりすぎるという事で敬遠されがちですが、お風呂やキッチンは入居者にとって大事な所です。ここが入居率のポイントになります。

ユニットバスの浴槽の劣化

浴槽も表面のゲルコートが剥げてカサカサです。入居者が一番いやがるパターンです。それが浴槽コーティングでこの通り!

洗っても落ない浴槽の汚れ
浴槽もかなりの傷み、汚れ。
浴槽コーティングでピカピカ
浴槽コーティングでピカピカです。

 

浴槽の劣化は最悪ですね。入居率の低下に繋がります。

最低でも浴槽コーティングでピカピカにしてください。きっと入居率が上がります。

 

ユニットバスのビフォーアフター

この程度の痛みかたなら壁の塩ビ鋼板もサビが出ていませんし、下処理だけで問題有りません。後はコーティングだけです。写真を見比べてください。ユニットバスの違いがお分かりになったでしょい価格や工程は弊社HPに詳しく書かれております。ご参考までに。

 

 

ユニットバスの表面のかさつきや汚れはコーティングで十分です。

 

 

カサツキの無い奇麗なお風呂は間違いなく入居者の方に喜ばれます。マンション管理会社の方やリフォーム業者様に賃貸マンションオーナー様への提案のツールにしてください。