アイカ製浴室セラールの壁パネル工法を終えて

2018/05/08

前回、書いた様にアイカ工業製のメラミン化粧板のセラールでの浴室のタイルをリフォームすることができました。 初めて扱う部材なので緊張しました、今日は森川商事さんのハイツ寿見礼の215、211の内装の検査をモダンアパートメントの方々が立ち会いで行います。

アイカ工業のセラールを使った壁パネル工法

僕のところのお風呂は来週の水曜日に引渡なのでお部屋を見せていただき、その合間にお風呂の壁も下検査していただき、良いですねとお言葉をいただきました。 さすがの僕もパネル工法で仕上がった壁の出来の良さに感激しました。 後、床と天井と浴槽をコーティングで仕上げれば完了。森川さんに喜んでもらえるようベストを尽くします。 でもしくじりもしました。浴室鏡が1600×350の別注品なので納期の問題も有り先週に発注したのですが、パネルの厚みをを忘れ、入りません。 今回、無理を聞いてくれた鏡の会社の北出社長、ごめんなさい! 重量物の鏡になるので近所の硝子屋の社長に現地実寸と製作、取り付けまでお願いして、来週の月曜日に完成予定。素人の様な失敗をしてしまいました。反省。 それと今回、内装全般をされた株式会社 片山工務店さん、良い仕事をされてますね。すばらしい! 社長にも今日初めてお会いしましたが、温厚な非常に好感の持てる方でした。皆さん、僕より20歳くらい年下の方ですが立派ですね。センスがすばらしい! 僕も老体にムチ打って頑張らなければ。変なプライドは捨てなければ! 忘れてました今日のパネル壁を施行中で養生も取っていませんが写真を掲載します。来週の仕上がりをご期待ください。

アイカ工業の浴室セラールを貼ったユニットバス
211号室です。光沢感がすばらしいでしょ!
アイカ工業の浴室セラールを貼ったユニットバス
浴槽、床、天井が次回変わります。