分譲マンションの浴室リフォーム依頼例

2017/11/18

長い間、忙しさにかまけて投稿をさぼってしまいました。(猛省…………)ここ毎日、お風呂コーティングの現地調査や浴槽交換等で神戸から奈良まで走り回っています。
最近はWebからの引き合いも多くなって、それに連れて個人の居宅や分譲マンションのお風呂リフォームの引き合いも多くなってきました。
浴室コーティングだけでなく、お風呂のタイル壁のリフォームや床タイルのリフォームも増えてきました。少しだけ、最近増えてきた分譲マンションのお風呂リフォームの見積依頼の内容を公開します。

多くの分譲マンションのお風呂リフォーム以来例

お風呂コーティングを施工する分譲マンション

今迄は浴室のコーティングや壁や床のパネルの仕事だけでしたが、最近はユニットバスの入れ替えや浴槽の交換も始め、お客様のニーズに適切にお答え出来る様になりました。

まだまだユニットバスの交換等は経験不足ですが、こなしていけば慣れるので、ぶれずに事業邁進といかせてもらいます。

分譲マンションのユニットバスの壁が割れている

会社のすぐ近くの分譲マンションのユニットバスの修理依頼例です。

2枚目の写真の様に窓の側の壁パネルに大きな亀裂があります。

 

分譲マンションのユニットバス

壁が割れている分譲マンションのユニットバス

補修方法としてはアルミパテやライニング補修後にコーティングという方法もあるのですが、窓(開口部)の構造上のクラックのようですので、パテを打ってもすぐに亀裂が入るので、ライニング補修をしてコーティングをする方法もありますが、壁に凹凸があるので、成型後が目立つのでこの上からパネルを貼って施工します。この方法が一番安価な方法です。

それ以外に天井とキャビネットのコーティングも依頼されています。持ち主様は先月に買ったばかりで来年に引っ越されるので時間は十分にありそうです。築8年でユニットバスの壁が割れるとは災難です。

在来工法(タイル貼り)の古い浴室で低価格でリフォームしたい

次は築40年の分譲マンションのお風呂です。

在来工法の古いお風呂

特に気になるのが天井です。ご覧の通り木の天井でおまけに回り縁も木製でかなりの劣化があります。

劣化した在来工法のお風呂の天井

この以来例は浴槽をコーティングして床を東リのシートでリフォームし、天井はパネル貼りで回り縁ごと化粧直しで提案です。

これから見積提出なので、価格の折り合いがついて、受注できれば完成写真を添えて報告させていただきます。

また、これを機会に投稿頻度を増やしていきます。