阪神タイガース逆転勝ちで409日ぶりのセリーグ単独首位

2013/06/02

阪神タイガースがソフトバンクに鮮やかな逆転勝ち

2013年6月2日、記念すべき日がやってきました。阪神タイガースが強敵ソフトバンクに逆転勝ちをし宿敵巨人が西武に敗れた為、409日ぶりの単独首位です。

 

阪神ターガース409日ぶりの首位

交流戦で今年もセントラルはパシフィックに大きく負け越していますが、阪神が連敗中も巨人は負けてくれてゲーム差は広がらず今日の結果になりました。交流戦の順位も上から6位までがパシフィックで、両リーグとも勝っても負けてもリーグ間の順位はあまり変わらないと言う珍現象が幸いしての阪神タイガースの首位ですが、虎キチには嬉しいものです。

 

阪神タイガース逆転の瞬間

今日も巨人が西武にリードされているのを尻目に勝ちたいところでしたが、ソフトバンクの先発パティーヤに苦しめられて、6回まで1安打、1四球のみ。このまま、敗色濃厚の7回にマートン、新井兄の連打でチャンスを作ると坂が絶妙の送りバント。

 

和田監督の絶妙の決断が試合を決めました

新井良太に変えての代打今成が追撃の犠牲フライ。この場面は和田采配が冴えていました。良太君は最近は調子を落としていますし、ここで犠打が出なければムードも壊れるところ。本当に良い決断です。ミートのうまい今成選手の起用がずばり当たりました。

冴えているのはここで藤井捕手に変えて代打の切り札の檜山選手の起用。それに答えて2塁打で同点。今日2三振の柴田が意地のライト前ヒットです。柴田選手は良くやりました。地元の福岡でヒーローになれました。おめでとう!

 

檜山選手の同点タイムリー

この回の和田監督の名采配で(普段はほめませんが)首位を勝ち取ったと思います。

8回には大和選手がヒットのあと、相手の森福投手が嫌がる程の離塁で牽制し、その後の鳥谷選手とのエンドランで1、3塁にした時点で今年の阪神の機動力が見えてきました。次のマートン選手があっさりと犠牲フライで追加点。鳥谷選手が盗塁を失敗しましたが、走るぞの姿勢は今年の阪神の持ち味です。その後に皮肉にも新井選手の2塁打がでて、もし鳥谷選手が1塁にいたら記念の1000打点達成でしたが、今の阪神なら新井選手の記録も時間の問題です。

今の阪神タイガースは日替わりでヒーロが出ているのでチーム状態が良い証拠なので今年は本当に期待出来ます。

 

加藤投手は今年の影のヒーロー

投のヒーロは藤浪選手も2失点で試合を作りましたが、今年は何と言っても加藤投手です。2回の戦力外からここまで来たのは努力の結果と開き直りですね。どん底を経験して、そこから這い上がったものだけが出来るしたたかさです。ストッパーが不在の阪神タイガースですが加藤にも任せてみたい様な気がします。気持ちでなげてくれると思います。

 

阪神タイガース加藤投手写真

 

加藤投手データー

 

加藤選手のことで参考記事を見つけました。

必死のパッチ 

今夜は久しぶりに女王と乾杯で晩酌をしてみたいと思います。シーズンが終わってもこの位置をキープしてくれる事を祈って締めくくります。

虎キチ万歳!

浴室のことならご相談下さい

ユニットバスから在来浴室まで浴室に特化したリフォームを提供しております。ご興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。

オフィシャルページ