今日もお風呂リフォームの調査に東住吉区へ行って来ました

2017/11/11

築20年程の賃貸マンションのユニットバスのリフォーム

今日は雨の中、堺市の知り合いのリフォーム会社さんからの紹介で大阪市住吉区のリフォーム会社さんの依頼で壁がタイルのユニットバスの床、浴槽のコーティングの見積を昨日の夕方に依頼されたのでその調査に行ってきました。

地下鉄の御堂筋線の西田辺でおりて徒歩15分で目的のマンションへ。

外壁タイルも手入れの行き届いた賃貸マンション
住宅街の真ん中にある奇麗なマンション

築年数は見ただけでは解りませんが(外壁改修をしているため)タイルの壁のユニットバスとお聞きしていたので20年前後かと推測されます。

5階に上がってお部屋に入るとかなり使用感があり全面リフォームの感じがしました。

目的のお風呂はと言うと

劣化したタイル壁のユニットバス
Inax製のタイル壁のユニットバス

予想とおりInax製の壁がタイルのお風呂でした。

劣化したユニットバスのバスタブ
ひび割れや穴はなさそうです。

浴槽や床がかなりの劣化具合で洗い屋さんでもくすみや劣化は元に戻らないでしょう。今回のSインテリアさんも浴室コーティングは知らないのでユニットバスの入換えしか方法は無いと思っているようです。

このタイプのユニットバスは施工経験も豊富で僕とすれば先方様に”心配ご無用です。”と胸を張って言えそうです。

床や浴槽はコーティングで新品同様になりますし、天井も施工するのが良いでしょう。また、将来壁タイルが痛んでもリプロのパネル工法で施工すれば問題は有りません。

リプロの風呂リフォーム
タイル壁の上にパネルを貼れば痛んだ壁も大丈夫。

今年の7月にも広島で3件のお風呂を出張施工した物と全く同じです。

その物件は日本GEさんの持ち物で去年に管理会社様がInaxでタイル壁をやり替えた際に25万円の費用がかかり、奇麗に成ったのですが1年間、入居は無かったとお聞きしています。

原因は壁だけは奇麗に成っても床、浴槽、天井のFRPの部分が劣化したままでは汚い部分だけが目立ってよけいに入居率は上がりませんが、入換えのコストが無ければ仕方の無いところです。

広島での物件は現地調査も兼ねてお伺いしてリプロのコーティングとパネル工法の例を見せて3件の契約にいたりました。

もちろん1番の要因はコストです。1部屋でタイル壁のやり替えより安くついたのが大きかったと思います。それとコーティングの色目やパネルも柄、色等を自由に選べる

選択肢の多さにも興味を持って頂いたと思います。

多分、今回も床、浴槽に天井迄の浴室コーティングはオーナー様に気に入ってもらえると思います。