摂津水都信金旅行友の会(和歌山編)

2011/10/25

今年の10月の11日と12日の2日間、毎年恒例のお世話になっている摂津水都信用金庫の笹田支店長と園屋支店次長と東淀川支店の有志一同の小旅行に行ってきました。先般の台風の影響で熊野方面の那智の滝や一部は変更となりますが仕事を忘れて皆さんとの親睦の旅に出発です。バスは大阪を離れて阪和道から和歌山へ。最初に寄ったのは安珍・清姫で有名な道成寺です。

和歌山の安珍寺
階段長いな!
安珍塚
これが安珍塚

好かれた女子に(それも執念で蛇に変わるとは恐ろしや。おまけに釣り鐘に隠れたところを焼き殺されとは、女は怖し!嘘はだめでんな。)

天気は悪かったが女王はご機嫌。

道成寺の説明はクリックして下さい。

道成寺の休憩所で釣鐘饅頭を頂いて再びバスにゆられて白浜を過ぎ東牟婁郡串本町へ

橋杭岩
橋杭岩にて

ここは吉野熊野国立公園に属した名所。大小40の岩が850mも連続してそそり立っている。(1700年代の宝永地震で起こったそうです。隆起では無く岩のそそり立つところから転がってその後浸食されたものです。)

橋杭岩
ここで記念に一枚。

橋杭岩を後にしてバスは一気に勝浦町へ。台風の影響を心配していましたが漁港は全然問題なく山間部が被害に遭われたそうです。
橋杭岩の説明はここをクリックして下さい。
勝浦から船でホテル浦島へ。

ホテル浦島
島全体がホテル浦島、なんとでかい!

山の頂上が今夜泊まる山上館。はやくチェックインをすませて温泉へ。6カ所敷地内に温泉があるらしい。今回は何としても全温泉を制覇しなければ。でも天気が悪い。雨が降りそうです。

ホテル浦島
うまいこと頭を下げるもんです。

ホテル浦島到着の女王

和歌山のホテル浦島へ

ホテル浦島の全景

前回はホテル浦島へチェックイン迄でした。チェックインして最初の驚きは山上館までのエスカレーターの長さです。

延々と10分近く上がります。

乗り終えると部屋の方へ

思ったより良いお部屋でした。海への眺望は抜群です。

ルンルン気分の女王陛下。

動き過ぎです。

僕はと言えば

温泉へ行く準備も万端。

宴会迄時間が2時間あるので8カ所ある温泉巡りです。いつもは3カ所ぐらいしか行かないので今回は宴会後も入れて8カ所全制覇を目指します。

まずは目玉の望気忘帰洞へ名前の通り帰るのを忘れる程良いのか偵察に。

洞窟から海が!

夜か明け方にもう一度ですね。

お酒でも持って入りたいお風呂です。

温泉の後はお決まりの宴会の時間です。

最初に勝浦町の観光協会の方のお礼と挨拶で幕開けです。台風の災害の後にこの地に来てくれた事に大変感謝してくれていました。復興の力にはなりませんが1人でも多くの観光客が増える事を祈らずにはいられません。

話の間にも料理が運ばれてご当地名産に目が行き、お偉方の話はほとんど上の空です。

この後、続々と!
一心不乱に飲んで食ってます。
太刀魚のお寿司は美味でした。
途中にこんなコミカルなショーも。

この芸達者なおじさんは最後は…….に。笑えます。年期の入ったショーでした。お見せできません。

その後も宴会は続き料理も食べきれないくらい。

どの場所であってもアワビのバターソテーは最高です。

宴会の後は恒例の支店長と有志でスナックへ。

飲みまくりの女王陛下。

12時前に途中2次会を抜け出し温泉へ、酔い覚ましのお風呂は格別です。(あまり健康には良く無いですが)

さすがに夜中は誰もいません。

勝浦の長い夜はこれでおしまいです。明日は朝から観光へ、ただ今回の台風で那智の滝や、中辺路へは入れないので計画は大幅に変更です。本当は熊野古道の関連の場所へ行きたかったのですが仕方のないところです。

続きは(その3)で

うまいもん巡り

Posted by yoshimura