新しい大阪駅探訪(ノースゲート編 vol 1)

2017/11/13

ルクアのWIRED CAFE(ワイアードカフェ)

週末に5月のオープン以来ご無沙汰のノースゲートに行きました。まずはルクアから。相変わらずすごい人、人、人です。さすがの集客力。女王はショッピングですが僕は食べ物にCafeを探訪です。そこで見つけたのがWIRED CAFE(ワイアードカフェ)です。梅田の茶屋町にもありましたね。ここはcafe companyさんが運営されています。おしゃれなお店が多いです。女王とよく行く心斎橋のPlanet3rdもここの運営です。

ルクアの店内。
ルクアの店内。
係員に何処のCAFEが喫煙可能か聞く女王。
係員に何処のCAFEが喫煙可能か聞く女王。

まずはどこへ行くかの作戦会議をCAFE  COMPANYさんのWIRED CAFEですることに。

寄りたいお店だが開店当初は超満員で諦めることに。今回は喫煙のため表のパテオへ向かいます。丸テーブルの相席だったがこのテーブルにイスが僕の感性にピッタリ。景色もJR大阪駅が見えて鉄道好きのぼくには最高です。

WIRED CAFE
近未来にいる様な景色。
WIRED CAFE
イスのカラーリングがシャレていた。

僕はランチセットを。プチダイエットなのでサラダとチキンのプレート。900円ぐらいだったかな?それとコーク。女王は珍しくブルーベリー系の飲み物を。

WIRED CAFEのランチ
結構いけてます。メキシコ風。
WIRED CAFEの飲み物
いつも紅茶しか飲まんのに?

始めにも書きましたがこのWIRED CAFEは僕の好きなNU茶屋町の2階にもあって、それと心斎橋で僕らのお気に入りのPlanet 3rdも系列店です。センスがシャレてます。おすすめのお店です。

詳しくはCAFE COMPANY

その後、女王はルクアで買い物。僕は伊勢丹の家具インテリア売り場へ。

WIRED CAFEの店内
僕にとってはアミューズメントパーク。

ここhhstyleさんはホットで楽しい。担当の方も知識が豊富で安心できる。1900年ぐらいからの有名なインテリアデザイナーの家具やイスやテーブル。古さを感じさせない何とも言えない美しさと機能美。見てるだけで大満足。僕が前回から気になるのはこの品物。僕の作業机をガラスの透明の物に替えた為、机の下に絵の具入れが欲しくなり物色中。さすが店員さん、すぐに来てくれて青山の本店に電話して引き出しの深さを教えてくれたりカタログに載っていない事迄親切に教えてくれた。

hhstyleで売っているローキャビネット
この赤がどうしても欲しい!

今、会社でアクリル水性絵の具のボトルを測ったら8センチ、深さは7センチ。あかんは残念。でも買いたい! vol2へ続く。

HPはこちら