桜満開の奈良の安倍文殊院

2017/11/14

桜の季節になりましたね!想い出深い奈良の安倍文殊院の満開の桜を考えながら、先月の不幸な天災から立ち直るべく我々は全力を尽くさねばなりません。僕は難しく考えずに自分の出来る範囲に精一杯生きるだけです。今はコーティング一筋、皆に喜んでもらえるお風呂のリフォームの事ばかりです。

日本の桜はすばらしい

この季節若い方は入学、入社に将来を見据えて希望に満ちあふれて人生の一歩を歩み始めます。僕も何か実感の湧く人生の一歩をこの年になっても新たな気持ちで考えなければなりません。会社の社業はのばすのが当たり前です。それ以外に何か、この季節にもう一度見つめ直してみようと思います。答えはすぐには出ませんが連休中に考えてみます。

でも春は良いですね。桜を見ると本当に心が洗われます。散るも桜とか言いますが、僕は1年に1回咲くこの花、つまり人間も一生に一回咲くのでは無く、毎年咲いてみせ、咲くまでは辛抱の連続。苦しい事の連続でもいいでは無いかと。そして年に1回の開花時期に皆に喜んでもらう。そんな人間を目指してみたいと思います。ちょっとかっこ良く書き過ぎでした。

それを思いつつ僕の大好きな奈良の安倍文殊院の桜をご紹介。

安倍文殊院の桜
 
安倍文殊院を望む
 

桜満開の奈良の安倍文殊院の春
大好きな1枚。春ですね!