ユニットバスの床補修

2011/03/31

今回はユニットバスの全体のコーティングでは無く、床だけの補修とコーティングです。大得意先の三基ビルテックさんの物件です。現状は床がかなり劣化したうえに黒ずみが有りました。3件まとめての施工ですが全ての部屋の状態はほぼ同じでした。FRPで出来ているものなら補修は問題はありません。

浴室の床の傷みや汚れのリフォーム方法

浴槽は入れ替えで壁のタイルは三基ビルテックさんの方でダイノックシートを貼られます。リプロは床の補修とコーティングです。さあ、解説します。

汚れたFRPの床の現状
洗いではこれ以上汚れを落とすのは不可能な状態です。

もう1点。

汚れたお風呂の床次に浴槽を撤去した状態です。

浴槽を移動するとひどい汚れの床
かなりのこびりついた汚れです。

通常のユニットバスの場合でも浴槽が置き式の場合10年以上経つとこんな感じです。

これを機械とペーパーで手作業で削ぎ落とします。この段階でコーティングの下地処理も兼ねています。

コーティング前の下地調整

下地処理も終わりこれからコーティングです。
下地処理も終わりこれからコーティングです。

1部屋1部屋、手作業で丁寧に処理をしていきます。茶色い部分は元々のキズをパテ処理した場所です。

夕方前に半分ずつ養生をしてコーティングです。

塗装前にマスキング

コーティングが終わった状態です。キズも汚れももちろん無くなりピカピカの状態です。

コーティング後のお風呂の床
手触りを体験できないのが残念です。

壁のタイル面にダイノックシートを貼った後です。少し解りづらいのですが。

塗装後は浴槽の新品を置くだけの床
後は浴槽の新品を置くだけです。

以上でリプロの床コーティングは終了です。部分補修はお任せください。これで5万円を切った価格。お役に立てると思います。

来週は積水のカスタマーズさんからの調査も入っているので西宮まで行ってきます。どんなユニットでどんなご提案が出来るか楽しみです。それでは!

浴室のことならご相談下さい

ユニットバスから在来浴室まで浴室に特化したリフォームを提供しております。ご興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせはこちら
06-6150-1500

オフィシャルページ