賃貸オーナー様がお風呂リフォームでお困りのこと

2011/01/14

浴室コーティングの利点

この3ヶ月間、ほとんどお風呂のコーティングのブログを書けず忙しさにかまけてさぼっていました。今週末は記事のストック整理をします。

最近はコーティングだけでなくユニットバスの床鳴りや在来のお風呂の漏水等、お風呂に関わる事なら手の空いている限りお客様のご要望に応えております。もちろん社員は手一杯。僕の仕事です。(僕は技術屋では無いので協力業者の皆さんのおかげです。特に徳田さん、ありがとう!)

その中で三基ビルテックの木村社長からの依頼の北区の某マンションです。ワンルームのお風呂。トイレは有りませんが手洗いが付いています。今回は2色展開ではなく塩ビ鋼板のサビ補修とコーティングです。

初めてのオーナー様なのでコーティングの良さが解ってもらえればと思っています。

現況はこんな感じです。

ごく普通の1216サイズのユニットバスです。
床は毛染め液で茶色に変色。

ユニットバスの壁のサビ

塩ビ鋼板はこのようにサビが下端から出ます。塗装の浮きは下地がサビている証拠です。放っておくと穴が空いてしまいます。

この状態は要注意。
全体にサビが廻っています。

それと毛染め液は洗っても落ちません。お困りのオーナー様も多い事でしょう。

これらの悩みはリプロのお風呂コーティングで解消です。来週から施工に入りますのでどうぞご覧になってください。

お楽しみに!