讃岐こんぴらさんと土佐龍馬伝の旅(その2)

2010/09/11

摂津水都信用金庫 旅行友の会

屋島寺にて

郷屋敷を出た我々は屋島へ向かう。20分程で山上へ、それから四国八十八箇所霊場の第八十四番礼所の屋島寺へ。

鑑真が754年に当地を訪れ開創したとされる歴史あるお寺。途中、地の池と呼ばれる池の横を通る。

今は赤くも何ともない血の池。

別名(瑠璃宝池とも呼ばれる。屋島寺創建の時に宝珠を本堂の前に埋め、その周りに池を掘ったのでその名が有る。源平合戦の折り、義経はじめ源氏軍が血刀を洗ったところ池は真っ赤に染まったところから血の池と呼ばれる様になったと言われる。

一行は東大門から四天門をくぐり本堂へ向かう。

蓑山大明神

途中に蓑山大明神と言う狸を祀った祠があった。狐と言うのが相場だがここは狸。聞けば佐渡の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸と並んで有名な屋島の太三郎狸だそうだ。

安産、子宝にご利益が。

大明神を後にどんどん進む。バスツアーは急げ、急げです。

だんだん天気も良くなってきました。
天女が美しいですね!

本堂は室町時代の再建。朱塗りの奇麗な建物です。本尊の千手観音座像とともに国の重要文化財です。

奥に見えるのは竜の像です。

僕の守り神、不動明王と

大好きな不動明王。

屋島 山上商店街 南山さん

さあ、やっと屋島山上商店街です。案内してくれている南山さんのお店も有ります。

山上商店街
狸、狸、狸です。
どないや、ワイが太三郎である。

さっそく南山さんで冷たいお茶を頂いて休憩、その間、 南山の女将さんのたのしい屋島の合戦の話を聞き、非常に参考に。(源平合戦の白旗と赤旗、源氏が白旗、平家が赤旗。ライバル同士を赤白で表したのは源平合戦から。もし平家が黒旗だったら紅白歌合戦も黒白歌合戦になっていただろうに?冗談はさておいて休憩の後、獅子の霊厳展望台へと向かう。

獅子の霊厳展望台

天気が悪かったので視界は悪いが、良い眺めである。

左側が高松市内、女木島

うどんの大庄屋さん

1時間余りの滞在の後、ホテルに向かう前に大庄屋(うどん工場の見学と試食)へと。1時間余りの間、案の定眠ってしまった。午後3時到着。工場見学の後、試食会へ。昼間のうどんより断然、僕の口に合う。腰もあり、麺つゆも僕好み。

一口食べてお気に入り、さっそく社員のお土産に段ボールごと。
みんなひたすら食べています。
まだ食べていないので早速、明日食べてみます。

僕が買ったのはこれです。 大庄屋さんはこちらから。 www.osyoya.com/ まだ、食べたかったけど宴会も有るので名残惜しいですが大庄屋さんを後に今夜泊まるこんぴら温泉 紅梅亭へと向かいます。 讃岐こんぴらさんと土佐龍馬伝の旅(その3)をお楽しみに! それでは、また。

その他

Posted by yoshimura