讃岐こんぴらさんと土佐龍馬伝の旅(その1)

2010/09/11

摂津水都信用金庫 旅行友の会

平成22年の9月8日から9日まで前にも書いた様に摂津水都信用金庫 旅行友の会のバスツアーに参加させていただいた。 もちろん女王と一緒、今年の1月の城崎温泉以来の旅行。朝の8時に摂津水都さんの東淀川支店の近くを出発。バスは一路高速を通って四国へ。今回のルートは神戸淡路鳴門自動車道だ。9時50分淡路SAに到着。

淡路SAにて

淡路SAの観覧車
写真で解る様に台風の影響か天気は曇り。

始めての参加と言うよりも摂津水都さんとのおつき合いはまだ1ヶ月。周りの人も僕も女王も知るよしも無し。唯一、知っているのは笹田支店長のみ。これからの道中、順次、仲良くなれるでしょう。それと幸い台風とは反対方向に向かっているので、今は曇っていますが大丈夫でしょう。 淡路SAで女王がスタバを発見、早速、キャラメルフラペチーノを注文。

淡路サービスエリア内のスターバックス
何処でもありますねスタバは。
トイレ休憩中の女王
はやく飲まなバスが出るで!

淡路SAを出発しバスは鳴門海峡を渡り一路四国へ。さぬき三木I.Cを通り昼食場所の郷屋敷へ。

郷屋敷での昼食中の女王
やっと昼食です。女王もうれしそう。
郷屋敷での昼食風景
昼食はこんな感じ!

総勢40名足らずの旅行ですが人数的にはベストな選択でしょう。これ以上だとみんなと仲良くなりにくいですね。 あともう一台、別班があり聞けば豊津支店の一行だとか、僕の家の近くです。東淀川支店はそう僕の会社リプロの近く。ふしぎな感じですね。どちらのバスでも参加できそうです。豊津支店でも個人の口座を開設しようかな?

郷屋敷にて

ここは香川県高松市牟礼町で国の有形文化財に指定登録されています。

参考文献

初代当主柳次郎は、今からおよそ250年前に牟礼の里への移り住み、四代目当主、半三郎義勝は、苗字帯刀を許され、高松藩から「与力」の命を受け、牟礼大 町村の行政司法、警察の任に当たり、それ以降は近郷一円を治め高松藩に仕えてきました。以来周辺の人々から「与力屋敷」として親しまれてきました。「与 力」とは鎌倉時代には力を与にして加勢する人を意味し、江戸時代には上官を助ける職制として与力制度を設置、各地方を治めた。 又、半三郎義勝は温順にして人望厚く、文化人でもあり、牟礼を訪れる各地の著名な粋人、名人、達人、奇人を持て成し、宴を催し、文化交流の場としても栄えた。 さて昼食もおいしく頂き、1時間有るので始めに小粋な喫茶を見つけていたので女王を置いて(食べるのが遅いので!いや僕が早すぎるので)場所取りに。

昼食場所の郷屋敷の中庭。さすが庄屋屋敷
昼食場所の中庭。さすが庄屋屋敷

良い勘でした。喫茶について3分もしないうちに満員です。 さあ、何を注文しようか?メニューを!

デザートのアイスクリーム
僕はこれを注文。似合ってないって、ほっといて!

アイスクリームの上から熱いコーヒーをかけて食べる。大人でしょ。僕は日頃、女王からコトナと呼ばれてますが、(体は大人で精神的には子供だそうです)おいしかったです。神戸の大丸の横のカフェを思い出しました。しばらくして女王も合流。

ミルクティーを飲んでいる女王
女王はミルクティ。

女王はアールグレイをアイスでと注文。するとアールグレイはアイスは出来ませんと。(日本は変な国です。大阪でもアールグレイを頼むとアイスは出来ませんと言うところが結構有ります。理由はアールグレイは香りを楽しむのでアイスにすると香りが落ちますと、こういうお店は自分でアイスを飲んだ事が有るのかな?マニュアル通りだけや思います。アイスにしても香りは良いですし、僕の知っている紅茶のうるさいお店でもアイスアールグレイが売り物で目玉商品やったけど。昔はジャスミン茶もアイスは出来ませんとわけの解らない店が多かったけど今はアイスジャスミン茶は有ります。マニュアル通りでなく自分で試して判断して欲しいですね。 人生は時には冒険が必要ですし。話はだいぶそれましたが、お店の感じはこんな感じです。 郷屋敷と茶房 古遊楽の紹介はこちら http://www.goyashiki.co.jp/gaiyo/index.html

郷屋敷のおしゃれな喫茶店
何かしらおしゃれなお店。
郷屋敷内の喫茶店でくつろぐ女王
最近、トレーニングの成果でやせてきたね。

1時間もあっと言う間に過ぎ、郷屋敷を後に。

昼食が終わり郷屋敷を出発
さあ、これからが旅本番です。

讃岐こんぴらさんと土佐龍馬伝の旅(その2)に続く!

その他

Posted by yoshimura