森川商事さんのお風呂リフォーム

2017/11/20

古いタイル地の壁のユニットバスのリフォーム

去年の夏に僕の友人と異業種交流会で有馬温泉に行ったときに知り合えた大阪の淡路で銭湯を経営され他に元銭湯の敷地に賃貸マンションを数棟お持ちの森川さんとの出会いがお風呂リフォームの一つの転機になりました。それまでユニットバス全体をアクリル系ウレタン樹脂でコーティングしていたのですが、もちろんタイルの壁もコーティングしたり、積水製の塩ビシートで上から壁を作って囲っていました。森川さんのマンションの一つは築26年ぐらいでINAX製のユニットバスで壁がタイル地でした。タイルは長い年数がたつと目地がカビだらけになり、洗いではどうにもなりません。コーティングで吹き付けは出来るのですが、僕は高級感に乏しいので、予算が本当に厳しいのなら仕方が有りませんが許すのなら、壁をパネルで囲う方が仕上がりは断然きれいです。そこで森川さんのご好意でテスト施工させていただきました。僕の方も新しく日ポリ加工さんの1ミリ厚のFRPパネルを使わせていただきました。写真がへたくそで申し訳ないのですが施工前、施工後です。

INAX製タイル壁のユニットです

施工後です。

日ポリ加工さんとの初のコラボです

写真が白とびぎみで見にくいですが、森川さんも僕も大満足でした。

仕事は楽しくも有り、経営は辛くも有るのですが、このときの森川さんの電話越しの”すばらしい!”と言ってもらった声は生涯忘れる事は無いでしょう。またお客様に感動を与えられない仕事は仕事では無いと思っています。ハードルは少しずつ上がりますが必ず超えなければなりません。

そして次にハイツ寿見礼113号室へと物語は進みます。ご期待ください。